インプラント

新たな歯を生やす|インプラントは口コミの評判で

悪い歯並びによるリスク

歯型

歯並びは、子供の頃よくても歯が生え変わった場合一気に悪くなる可能性があります。そのため、子供のうちから歯列矯正をしておくことは大人になってからの歯並びに大きく影響を与えます。歯並びが悪いと、メリットは全くありません。噛み合わせが悪化することによる顎関節症から始まり、顎の筋肉が常に緊張するため、顎の筋肉と連動している肩の筋肉にも悪影響を受け、肩こりになりやすくなります。他にも、正しいかみ合わせではないので歯が触れ合わなくなる場所が生まれ、その歯の汚れが落ちにくくなるので虫歯になりやすくなってしまいます。他にも、歯磨きをする際に磨きにくい場所が生まれてしまい、磨き残しが増えてしまうので歯周病のリスクも跳ね上がります。何より口の中の見た目が悪いため、笑っても良い印象を与えにくくなります。このように、歯並びが悪いと百害あって一利なしであるため、一刻も早い歯列矯正を行うべきなのです。
歯列矯正は、矯正歯科によって行います。具体的な治療方法はブラケットという器具を使ってワイヤーで歯を少しずつ移動させて行く方法です。歯の骨というのは代謝を起こし、削れていくぶん新しく再生するため、上手くワイヤーで移動方向を固定することで正しい位置に矯正することが可能なのです。しかし、歯列矯正は非常に年月がかかり、その間重ワイヤーを取り付けるのは苦手な人もいます。損場合はマウスピース矯正というものがあり、ワイヤーを張るよりもお手軽に歯列矯正が行えます。