インプラント

新たな歯を生やす|インプラントは口コミの評判で

インプラントの性能

歯医者

第二の永久歯とも呼ばれるインプラントですが、歯の補綴物には他にも入れ歯や差し歯、ブリッジなどがあります。これら補綴物とインプラントはどのように違うのかご存知でしょうか。これらとの違いで最たるものは、使い勝手です。インプラントは使い心地が従来の補綴物と違うことで好評を博しており、本物歯に限りなく近い使い勝手であることが特徴です。
他の補綴物の特徴を見てみましょう。まずは入れ歯です。入れ歯のメリットは安く、お手軽に作れるということです。しかし、自分に合わないものをつけた場合はずれて痛みが発生することもあります。自分の歯にあったものを作ればそういったリスクは避けれますが、作るためには何度も試行錯誤が必要です。差し歯も、入れ歯と同じく安くてお手軽ですし、入れ歯のように付けても違和感がありません。しかし、従来の歯に比べると噛む力が弱いため、硬いものが噛めなくなってしまいます。ブリッジは、これら3つの中では最も噛む力を伝えやすいです。しかし、装着のために歯を削ってブリッジを装着するため、他の健康な歯に大きなダメージを与えてしまいます。このように、補綴物には一長一短の特徴があります。しかし、インプラントはそういった欠点はなく、手術こそ行いますが、本物そっくりの見た目と使い心地が堪能できます。岐阜県では、このようなインプラントは盛んに行われており、岐阜県の歯科医院の殆どの場所で手術ができます。そのため、岐阜県にはインプラントを得意とする医師が多く、岐阜県のあちこちで探すことができます。